若返りたい!-本当のアンチエイジングとは?ー知って得する最強の方法と、老化を引き起こす5つの大問題を徹底解説!-前半-

  • LINEで送る

みなさん、こんにちは。
いわま薬局・ファスティングアドバイザーの石原です。

この記事を読んでいらっしゃる方は、恐らく大半の方が”アンチエイジン”という言葉をご存知で
かつ、とても興味のある方だと思います。

日本語では 「抗老化」「抗加齢」 と表現するようですが、
要する事が、『若返りたい!』『老化したくない!』そのためにはどうしたらいいの?という事です。

近頃は、女性はもうモチロンのこと、男性も、アンチエイジングに興味を持つ方が多くなり、
いわま薬局でも『元気になる薬ないの~?』や『若返ってモテたいね~♪』などお話下さる、
おじ様・おじい様方が増えてきております。

転職や営業の際も、若く見えたほうがいいことが多いのだと教えてくださるお客様のもいらっしゃいます。

その時に話していてとても興味深いのが
同じ”アンチエイジング” = ”若返りたい!!!”という思いでも
頭の中にイメージしているものが、
女性は圧倒的に”外見の若さ”で、男性の多くは、外見ももちろんイメージしていますが
重きを多くのは”体の中の若さ”だということです。

当たり前に納得できる事なのですが、実際お話していると
とても顕著に現れているので興味深く思いました。

モチロン私も、圧倒的に”見た目”の若さが欲しいです…
『30代だと思ってました!』と会う人全てに言われたいほどです…(苦笑)

けれども、ここで確認しておきたいのが、本当のアンチエイジングは”体の中の若さ”が基本なのです。
体内が若々しく健康だからこそ、お肌や髪や姿勢、表情にも表れるのであって
”見た目だけの若さ”というものは、案外簡単に見破られてしまうものなのです。

もちろん、基礎化粧品や美白レーザーなど、外からの要素もプラスするものとしてはとてもお勧めですが
やはり、基本は体の中のアンチエイジングこそが、見た目のアンチエイジングに繋がる、
両者は2つで1つ、これが本当のアンチエイジングだと考えてください。

ただ、体内からが大切!とは申しましても
”お肌”というものも、立派な臓器の一部であり、唯一の目に見えている”臓器”であるのです。

見えない体内の”内臓”の状態を映し出す鏡であり、
また逆に、お肌自信を労わる事そのものも、大切なアンチエイジングであることも覚えておきましょう。

【目次】
=前半= あなたの体を老けさせる5つの恐ろしい原因
  原因1:活性酸素
  原因2:蓄積された老廃物・毒素
  原因3:栄養不足(水分不足も含む)
  原因4:腸内環境の乱れ
  原因5:過剰な紫外線

=後半= 体の中から若返る本当のアンチエイジング
 ① 最強の抗酸化物質を紹介します
 ② デトックスが一番!
 ③ 手軽に摂れるのに万能な食品とは?
 ④ 最も簡単で効果的な腸活方法教えます
 ⑤ 紫外線は適度に

1:あなたの体を老けさせる5つの恐ろしい原因

皆さんの見た目始め、体の中も老けさせてしまう原因は、言い出すときりがないほどあります。
体内外の水分が不足していて、乾燥でお肌が少しカサカサしていたり、
昨夜の寝不足で少し疲れて、目の下にクマがあるだけでも
とても老けた印象になってしまう事もあります。

本日は、そういう細かい事も含め、それらの大元には一体何があるのかをお話していきたいと考えています。

まずは、ずばり、大きな要因をお伝えしてから、それぞれについて細かく掘り下げていきましょう。

原因1:活性酸素
原因2:蓄積された老廃物・毒素
原因3:栄養不足(水分不足も含む)
原因4:腸内環境の乱れ
原因5:過剰な紫外線

原因1:活性酸素

老化というものの基本中の基本に、活性酸素による細胞の酸化ということがあります。
活性酸素は、免疫などの面ではある程度必要なものでありますが、過剰に発生すると多くの弊害を生み出します。
ガンなどはもちろん、様々な病気の原因にも成ると考えられ、
下記にあげるものは、活性酸素が過剰に発生しやすいので注意が必要です。

・タバコ→ 多量の活性酸素を発生させるだけでなく、抗酸化物質のビタミンCを壊します
・多量飲酒→ 分解過程で活性酸素が発生します
・大きなストレス→ 過剰なストレスそのものでも過剰な活性酸素が発生します
・脂肪の摂り過ぎ→ 脂肪自体が活性酸素と結び付きやすい性質があり、脂肪は酸化すると過酸化脂質に変化し、 酸化促進作用を持ち、活性酸素と同じ害をもたらします
・睡眠不足
・激しい運動

などによっても、多くの活性酸素が体内に発生し、老化のスピードを大きく早める事になります。
今回のお話とは直接関係ありませんが、
男女共に【不妊】の原因としても活性酸素の過剰発生が一因ともされています。

万病の元と考えられているので、活性酸素の大量発生が起こらない事、
体内の活性酸素の除去が美容健康維持の秘訣ともいえます。

原因2:蓄積された老廃物・毒素

みなさんの体内にはたくさんの老廃物や毒素が蓄積されていると考えられています。
食生活や生活自体の乱れなどから、体内で発生する毒素はもちろんですが、
その他にも

・環境ホルモン
・大気中の汚染物質
・飲料水からの鉛や塩素(基準値は下回っていてもゼロではないので蓄積します)
・魚介類からの水銀やカドミニウムなど重金属

毎日のお食事に気をつけ、添加物の摂取を控えたり、無農薬のオーガニック食材を使用しているから大丈夫!
という方でも、上記のような毒素は溜まり続けます。

コンビニ食や外食などが多い方は、多量に使用されている、食品添加物や
輸入野菜や果物に多く使われがちな、残留農薬も大問題です。

これらの毒素は、それぞれの物質によって、蓄積したり悪さをする場所が異なりますが、
おおむね内臓に悪影響を及ぼします。
もちろん血行などにも大きな影響を与えます。内臓そのものや血行が悪くなっているのに、若々しい人はいません。
姿勢や顔色も悪く、お肌の状態も良いわけがありません。

また、これらの毒素が体内にとどまることで、細胞の代謝が悪くなり、老化も進みやすいと考えられます。

原因3:栄養不足 (水分不足も含む)

必要な栄養素が足りていないのに、健康で若々しい人がいるわけがないことは、
皆さんもとてもよくわかる事だと思います。

栄養素とは、3大栄養素(たんぱく質や脂質や糖質)など、カロリーを生み出すものだけの事ではありません。

・ビタミン
・ミネラル
・必須アミノ酸
・ファイトケミカル
・酵素
・食物繊維
・水

現代は飽食の時代ですので、よほど、何も食べれない状態でない限り、3大栄養素が不足する事は少ないですが
食生活の変化で、上記のような栄養素(ビタミン~食物繊維)は、昔に比べどんどん不足しており
「新型栄養失調」 と呼ばれる新しい栄養失調状態が増えているのです。

最近の調査では83%もの子供達に、新型栄養失調のリスクがあると発表されるほど
現代人の食生活は偏ったものとなりつつあります。

更に、ある種のビタミン・ミネラル・酵素は、体に取り入れた栄養素を使用するために必要な物質となり
いわば、栄養素を利用するための仲介役なので、それらが不足すると
いくら良いものを口にしても、体内で利用できず、大変勿体ないこととなってしまいます。

昔は少なかった肥満も問題になっているので
カロリーの摂取を控えながらも、必要な栄養素は補えるような食生活が理想ですね。

また、水分摂取が少ないということも、大きなリスクがあります。
体内の様々な代謝に、水分はとても重要で、老廃物の排泄なども、水分が少ないと滞ってしまいます。

脱水状態になると、血液もドロドロになりやすく、それによって老化のみならず、
重大なリスクが発生するので、水分はマメに取るとよいでしょう。

原因4:腸内環境の乱れ

お肌は腸の鏡です。
腸内環境が悪いと、真っ先にわかりやすく肌トラブルが起きることが多いようです。
しみやしわ、吹き出物のあるお肌では、若々しさは感じる事ができません。

腸内環境が悪いというのは、どういう常態なのかというと、簡単に言ってしまえば
悪玉菌が多くなり、善玉菌が少なくなることです。
もちろん、蠕動運動がきちんと行えないなど、物理的な要因もありますが
それらも、大きく言えば、腸内の細菌のバランスが大きく崩れている事が原因となるのです。

ではなぜ腸内細菌のバランスが極端に悪くなるのかというと、ストレスや睡眠不足なども大いに関係しますが
やはり、消化器なので、口から入ったものや、それらがどのように腸に届くかが問題となります。

たんぱく質の過剰摂取や野菜不足、食物繊維不足、
体内の酵素不足で、胃の未消化物が腸にそのまま届き、
悪玉菌を発生しやすくするといったことが大きな原因となります。

そして、腸内環境が悪いと、肌トラブル(肌老化)がおきやすい大きな理由は2つ

【1】
腸内環が悪いと、腸内で腐敗がはじまり腐敗産物(毒素)が発生します。
そしてその毒素は、腸内だけにとどまらず、血管を通って前身へ運ばれてしまいます。
もちろん、お肌にも毒素が届いてしまい、結果大きな肌トラブルへとなってしまいます

【2】
腸の状態が悪いという事は、必要な栄養素が吸収できないということです。
いくらがんばって、お肌に良い食品と摂取しても、若返りに良いとされている成分を摂取しても
体内に吸収できれば何の意味もありません。

原因5:過剰な紫外線

適度な紫外線は、セロトニンの生成や、ビタミンDの生成のために必ず必要なものですが
過剰になってしまう事は、老化という点から見ると、良いとは言えないどころか、かなり悪いのです。

体内を見ても、過剰な紫外線を浴びる事は、活性酸素の多量発生に繋がるのでよくないのですが、
ここで大問題なのは、 唯一の目に見えている”臓器” の”肌”の老化を著しく進めてしまうということなのです。

紫外線は、波長の違いで「UVA(長波長紫外線)」「UVB(中波長紫外線)」「UVC(短波長紫外線)」の3つに分かれます。

この中で「UVA」と「UVB」の一部が皮膚に影響を及ぼし、
・「UVB」は浴びすぎると発がん作用があり、
・「UVA」は発がん作用や皮膚の老化(シミ、シワなど)にも関係しています。
つまり、”見た目の若さ”を考た時、紫外線対策は、絶対必須なのです。

「紫外線は青年期までに一生に浴びる分の半分以上を浴びてしまう」ともいわれており、
青年期までに浴びた紫外線のダメージが
30代、40代、50代と年を重ねるごとに「シミ」「シワ」「たるみ」としてあらわれるてしまうのです。

あなたの体を老けさせる5つの恐ろしい原因】についての徹底解説はいかがでしたでしょうか。
避けなければいけない要因が良くお分かりいただけたと思います。

次回は、後半の【 体の中から若返る本当のアンチエイジング 】の徹底解説を行います。

この5つさえ気をつければ、アンチエイジングは完璧に成功したも同然ですが
なかなか難しい事もあると考えます。

次回の 【 体の中から若返る本当のアンチエイジング 】 では、詳しい解説と同時に
めんどくさがりやさんでもできる、誰でも簡単に安全に行える【これさえやっておけば大丈夫!】
とう方法もお話しますので、楽しみにしておいてくださいね。

本日も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ご不明な点や、美容・健康に関するどのようなことでもお気軽にご相談くださいね。